植林プログラム

   

Mapuche植林プログラム

Mapuche植林プログラム(PFM)は、Mapucheの土地所有者によるユーカリあるいは、場合によっては在来種の植林を促すBosques Cautinのプログラムです。このプログラムは、Mapucheの土地、その文化ならびに環境を保護する先住民法(法令第19,253号)が定めるところに準拠しています。樹木、在来植物ならびに薬草等の保護ならびにそれらを取り戻すことを考慮に入れています。

これは植林に適した土地の所有者に対するオープン且つ自主的な提案であり、この地域の森林産品開発の一部としての経済活動に参加することにつながります。

Mapuche一族のための収入と貯蓄の源を生み出すことになり、そのことが文化ならびに農牧生活および自然環境を尊重しつつ家族の生活質を向上させることにつながるのです。

プログラムに参加するための必要条件は?

* 植林に適した5ヘクタール以上の土地の所有者であること。

* 両者の責任と義務を明記した契約書を基に、Bosques Cautinと最低12年間のパートナーシップ 契約を締結すること。

Mapucheの所有者が受ける便益は?

* 高収穫率-40%。

* 条件を満たすと仮定した場合、CONAF(林野庁)が交付する補助金の割り当て分。

* 企業への就職および収穫時の雇用の可能性。

* 第一回目の収穫後の萌芽は100%。

Rudecindo Ortega 01482. Temuco • Chile + 56-45-2200000